ネクタリス

ゲーム機用シミュレーションゲームの名作



 戦術シミュレーションゲーム。「ファミコンウォーズ」がユニットの大量生産と大量消費のゲームだったのに対しネクタリスは、限りあるユニットをいかに有効に使い回すかという、正反対の性格のゲームであった。

 最初はPCエンジン版で登場。その後、PCエンジンCD−ROMで「ネオ・ネクタリス」、スーファミで「アースライト」、「ルナ・ストライク」という続編が出た。近年になってPS版やゲームボーイ版も発売された。


ゲームボーイ版
 内容はネクタリスそのもの。ゲームシステムや兵器ユニットの種類など全部同じ。音楽も同じなのが泣かせる。マップはGBオリジナル。

 弱点としては、白黒画面では工場の味方・中立・敵軍の区別がほとんど出来ないのが辛い。でも全体としてはかなり良く出来ている。買っても損は無いでしょう。長期出張のお供に最適かと。

 「GBキッス」という独自のハードで新マップを導入する事ができるようになっている。が、新マップのためだけにわざわざそんな物を買うのはもったいない気がする。あとネクタリスのカセットには、2台GBを向き合わせて通信する機能も付いているんだけど、これは蛇足という感じがする。


プレイステーション版
 たしかにネクタリスそのものなんだけど、作り込みが甘い感じがする。本気で作り込めばもっと良くできたはずだ。

 PS版の特徴として戦闘シーンはポリゴン3Dで表現してるんだけど、ひとつひとつの戦闘シーンが無駄に長いし、見ててもどっちが優勢なのかよくわからない。

 2Dアニメだったら背景をその地形の絵にするだけでイメージ映像として納得できたけど、これをなまじ3Dにしたものだから、例えば、地形が「荒れ地」だったらそれもちゃんと3Dで表現して欲しいとか、歩兵がいつも同じように歩いているのは変だ、などのリアルでない部分が気になってしまってかえってチャチに見えてしまう。どうせやるならもっと作り込まなきゃダメだ。

 あと、リアルっぽく歩いている歩兵が戦車の砲撃で爆発するのを見るのは見てて辛いものがある。何でもポリゴンにしてしまって、かえって悪くなってしまった例だ。

 他にもマップ画面の作りがPCエンジン版とほとんど同じなのも、もうちょっと工夫が欲しかった。やっぱり最初のPCエンジン版を作った人は偉かったんだねえ。

 マップの難易度は、PCエンジンの最初のマップよりは難しくなっているが、「ネオ・ネクタリス」ほどは難しくない。

後半は難しいぞ度 ★★★★


戻る