「信長の野望」シリーズ

元祖・戦国シミュレーションゲーム



「信長の野望・天翔記」(プレイステーション用)
 う〜ん、これまでのシリーズとは大幅に異なるシステムのため、なかなか把握できなかった。全体的に見て、武将風雲録(前々作)と覇王伝(前作)の中間的なシステムになったようだ。展開は覇王伝より速く、遊びやすくなったようだ。

 多数の城とそれを結ぶ街道という現実的なマップシステムは覇王伝から引継ぎ、しかし覇王伝の論功行賞システム(忠誠度が見えないシステム)は廃止され、忠誠度に関しては武将風雲録以前に戻った。さらに、覇王伝では城攻めは城の中には入れないのが不満だったが、この点も武将風雲録と同じく、城内に攻め入るシステムに戻った。

 今までに無かったシステムとしては、全ての武将が実戦や教育によって成長するという点と、軍団の中で足軽頭とか侍大将とかの地位があるという点だ。地位が高いほど預けられる兵数が多くなる。

 どんな名将でも元服直後はただの青二才。能力値も低けりゃ地位も低い。地位が低いから兵数が少なく、実戦ではあまり活躍できない。しかし教育と実戦経験を積ませる事で能力値も地位もどんどん上昇し、使える武将になっていく。歴史上有名な武将は潜在能力や成長速度が高く設定されている。

 その他、部下の武将が増えると全部を把握仕切れなくなり、ゲームの進行が滞るようになるが、有能な武将を頭として軍団を分けると、その軍団は完全委任で行動するようになる。あらかじめ軍団長の教育をしっかりしておけば、その軍団は賢い行動をとるようになるという。

 戦争システムもかなり変わっている。これまでは全兵力を戦争につぎ込めたが、天翔記では1度の戦争でその地方の城全部が戦闘に参加できるため、留守になった城を横からかすめ取る事ができるようになった。したがって留守部隊も準備しなければならないわけだ。この駆け引きがなかなかリアルでスリリングだ。

 ただし覇王伝にあった、前方には攻撃力守備力とも強く、後方には弱いというシステムは無くなってしまった。これはけっこう良かったんだがなぁ。

 で、やってみてわかったんだが、天翔記では南部家が強い。攻略本にも「みちのくの巨人」とか書かれている。しかもロード黒沢の実家がある二戸市のシンボル、九戸城まであるではないですか! ここまでやられちゃ、地元人としては南部家でやらずにはいられないでしょう。覇王伝では弱小でどうしようもなかった南部家が、東北を席巻するぜ!!

 というワケで、南部家でゲーム開始。
 東北地方はどの大名も体力が弱く、そのため下手に戦争するとその一戦で体力を使い果たし、弱った所を別の大名に攻め込まれて滅亡してしまう。

 南に隣接している戸沢家と葛西家はどちらも南部家と同じくらいの兵力で、どちらか一方とだけなら勝てるのだが、勝っても後が続かないから戦争できない。

 そんな時、葛西家が戸沢家に突然攻め込んだ! 葛西家も戸沢家も南部家に「我が方に味方して欲しい」と言ってきた。しかしここは両者が潰しあって弱体化する方向に持っていきたいので、静観する事にした。(不戦ではない所がミソ)

 で、様子を見ていると、どうも葛西が強いようだ。戸沢は不来方城(盛岡城)を葛西に占領されてしまい、角館城に逃げた。勢いに乗った葛西は角館城も取ろうと追い討ち体勢になった。

 葛西が圧倒的に勝ってしまうのは困るので、戸沢側に味方する事にして途中から参戦した。葛西の主力部隊は大軍だったが、戸沢との戦いで兵力が同数くらいまで落ちているので、そこを南部が包囲して攻めまくり、とうとう葛西の当主を捕らえた。

 そのまま不来方城を占領。もともと家臣が2人くらいしかいない葛西家なので、後は雑魚ばかり。調子に乗って葛西の他の城も全部占領して、合計3つの城を手に入れたのだ。思いがけない大勝利に沸く南部家!! ばんざーい、ばんざーい。

 しかし、実はこれが大きな落とし穴。所有する城の数が戦闘できる家臣の数より多くなってしまったため空き屋同然の城が多くなり、兵力も各地に分散してしまったのだ。これを近隣の大名が見逃すはずはなく、すぐに戸沢やその隣の安東に攻め込まれ、南部は成すすべもなく敗れさり、元々持っていた城まで取られてしまった(涙)。

 これじゃあ葛西の二の舞だ〜。まさに戦国じ・だ・い‥‥ぐふっ!(どさっ)←倒れた音

 いや〜、このスピーディーでスリリングな展開は、旧作には無かった物だなあ。


「信長の野望・天翔記・パワーアップキット版」(プレイステーション用)
 中味は前からある「天翔記」とほとんど同じ。違うのは、自分で新しい武将を作ったり、既存の武将の能力や名前をいじれるようになっている事。たったこれしか違わないのに、9800円で新発売する光栄ってズッコい。

 でも買ってしまった。光栄の三国志シリーズでは昔から自分で新しい武将が作れたけど、信長の野望シリーズではそういうのは一切出来なかったんだよね。誰しも自分の名前でプレーしてみたいでしょう?

 家族の名前で新武将を作って、南部家の家臣としてスタート。(大名としてスタートする事はできないようになっている)
 自分が大名になるためには大名の娘と結婚させて、その後に大名を隠居させ、自分を跡継ぎに指名する。これで黒沢家が大名になる。

 大名になるのは簡単だけど、「天翔記」では武将のパラメーターは経験を積む事で増えていくので、新武将は最初は非常に弱い。だから黒沢一族は最初は凄く弱い。この序盤を乗り切るのがけっこう大変だった。

 パソコン版の「パワーアップキット」は、新武将の登録だけでなく、各大名のAI思考パターンが高度になっていて、登場武将も徳川家光とか天草四郎とか、ずっと後の年代の人まで入っているという。PS版の「パワーアップキット」もそういうのがあると信じて買ったのに、そうではなかった。サービス悪いぞ光栄! でもやっぱり名前が家族の名前というだけで入れ込み方が全然違う。「あっ! そういちろうが危ない!」とか、「えいじろう突撃せよ!」とか。凄く燃える!

 ところで信長の野望に出てくる武将には、無口タイプ、荒くれタイプ、公家タイプなど数種類のタイプがあって、それぞれ台詞が違う。そういちろうはなぜか公家タイプになってしまったらしく、「麿(まろ)の計略が効かぬとは・・・」などと気持ちの悪い言い方をする。お前は一体何者なんだ?!(^^;


「信長の野望・将星録」(プレイステーション用)
 発売と同時に買ってきたが、かなり抜本的にゲームシステムが変わっている。見た感じ「ポピュラス」とか「A列車で行こう」シリーズみたいになった。

 内政とか軍事のやり方が、これまでの物と全然違う。配下の武将に開拓を指示すると、武将がマップ上に出てせっせと畑を耕す。平地が狭い地方では耕せる場所も狭いから収穫も少ないというわけだ。川が無い所には水田が作れないとか、凝っている。町づくりを指示すると町を建設する。町が無いと現金収入が入らないのだ。

 戦争の時は軍隊がマップ上をトットコ、トットコと進軍する。遠くに進軍するとその分時間がかかり、兵糧も消費する。相手からも進軍してくる様子が見えるので、その間に迎撃体制を整えたりあるいは逃げたりする事ができるらしい。軍隊は兵糧を持って本城から独立して行動するので、兵糧が切れると戦えなくなる。このため兵糧攻め戦法もできるようになっている。

 このようにすべての行為がひとつのマップ上で表現される。土地を有効に活用しなければならないとか、なかなかリアルだ。松前(北海道)あたりは悲しいほどに土地が狭くて、ほとんど何も出来ないが、関東あたりは平野が広大で田んぼや畑をたくさん作れるとか、マップ上に広い田んぼが見えるだけに「あの豊かな土地が欲しい!」
 という気にさせられる。

 「覇王伝」や「天翔記」では100以上の城が登場したが、将星録では全体マップがそのまま戦場マップ、かつ内政マップなのでそんなに詰め込めず、40程度に減らされている。したがって登場する大名や武将も減っているようだ。この点では初期の
 「信長の野望・全国版」とか「戦国群雄伝」に近い感じ。

 で、実際にプレーしてみた感想だが、いや〜、ハマったわ〜(^^;
 なかなか良く出来てるよこのゲーム。これまでのシリーズとの違いが非常に大きいので、システムを理解するまで時間がかかった。

 まず「徴兵」とか「訓練」が無い。城下に「村落」を建設すると城の兵数が毎月勝手に増えていく。兵の増える割合は城下に「村落」をたくさん作るほど多く増えるのだが、城の兵糧が少ないと兵が勝手に逃げ出してしまうので、田畑もセットで作らないと長続きしない。山岳地方では畑や水田を作る場所が少ないため、結果として城の兵数も自然に少なくなってしまうのだ。

 戦闘部隊は背後や側面からの攻撃に極端に弱い。武将が率いる部隊は内部で5つの小隊に別れていて、このうち1隊が本陣で、本陣が全滅するとその部隊は解体してしまう。普通は本陣を守るために本陣を真ん中か後方に配置するのだが、背後や側面から攻撃された場合は本陣が露出した形になるため本陣を集中攻撃され、何もできないうちに壊滅してしまう事が多い。このため強い武将が弱い武将の奇襲に敗れる事がよくある。これがなかなかスリリングだ。

 問題点としては、(プレイステーション版は)ゲームの速度がかなり遅いため、自分のターンが回ってくるまでにかなり時間がかかってしまう事。したがってゲームにかかる時間も長くなってしまう。もうちょっとサクサク進めば遊びやすいのだがなあ。


「信長の野望・烈風伝」(ウインドウズ用)
 これまではスーファミ版とかPS版が出るのを待って買っていたが、今回はパソコン版を買おうと思う。スーファミ版とかPS版って、パソコン版に比べてけっこうスケールダウンしてるのよね。

 というワケで、ウインドウズ版を買ってきた。このシリーズをパソコンでプレーするのは初めての経験だが、画面が緻密で処理速度も速く、PS版なんかとは比べ物にならない。登場武将もPS版などより多く、聞いた事が無い武将が多くいる。「お前らはいったい誰なんだ?」と困惑してしまった。

 武将の顔絵は全体的にハイグレード化している。例えば今川氏真(情けない武将の代表)の顔はこれまでは力無い貧弱そうな顔だったのに、今回のはキリッとした武者顔になっていてビックリ。違和感あるなあ・・・。あと、これまでは貧民然としていた「農民」の顔までハンサムに。こんな顔の農民が祝酒を持ってきたら、絶対「どこの手の者だ!?」と疑うと思うぞ。

 まずは織田信長を選んでプレイ。スタート直後、今川義元を桶狭間の奇襲で破るイベントがいきなり起こる。本拠地清洲城のすぐ西側にある長島城が目ざわりなので、ひともみに潰す。しかしそれ以外の状況はけっこう厳しい。東側の今川家は義元を失ったとはいえ、松平元康(後の家康)をはじめとする強力な松平軍団が力を貯えている。できるだけ戦いたくない。

 北側の美濃の斎藤道三は既に亡く、以前の同盟関係は無くなっており、いつ攻め込まれても不思議ではない危うい状態。とか言ってるうちに斎藤勢が攻め込んで来た。信長は犬山城に篭り、激戦の末にこれを下し、勢いに乗じて一気に稲葉山城を攻略。斎藤家は滅亡した。やっぱ迎撃戦は城に篭った方が断然有利じゃのお。

 稲葉山城に本拠を移したら和尚が訪ねて来て、この地から天下を望む信長のために「岐阜」という地名を考えてくれた。これより稲葉山城は岐阜城と名前を変えた。

 斎藤家の家臣の生き残りで大垣城に逃げた竹中半兵衛は独立勢力となり、こちらの配下にはならないと言う。攻め込んで滅ぼしても消耗するだけなので、ここは放置しておく事にした。

 そのころ今川家では松平元康が今川家に反旗を翻し、岡崎城を本拠として独立。名前を徳川家康と変えた。そして信長の所に訪ねて来て、「幼き頃の約束、覚えておられますか」「東は私が抑えますので、信長様は西を攻略下さい」などと言ってきた。(家康は信長とは幼馴染)

 おお!これは願ってもない事。これで東側に兵力をさく必要が無くなり、岐阜城に全精力を注げるようになったわけだ。恩に着るぞ家康!!(^^)o

 と思っていたら先の竹中半兵衛が「このままでは先は長くない。ならば織田家の傘下に入るのみ!!」と言って、勝手に家臣になってしまった。助かるなあ。

 名軍師・半兵衛殿を家臣にし、大抵の敵には負けないという自信がついた。と思っている所に上杉謙信の手勢がはるばる遠征して攻めてきた。(何でそんな遠くから攻めてくるんじゃ?!)
 岐阜城で迎撃しようと思って準備していたら、いきなり転進して手薄な岩村城に向かって行くではないか!ヤバイ! 急いで軍を編制して追撃したら、これがメチャクチャ強い!!強過ぎ!!

 全然歯が立たないという感じで、完膚なきまでに負けてしまった。この負け方は尋常じゃないのでよくよく調べてみたら、このゲームでは陣を組んで攻撃や防御する事ができて、この敵は陣を組んでいたのだった。(取り扱い説明書を読まずにプレーしてるヤツ) こちらも陣形を組んで戦ったら無陣形の時の苦戦が嘘のように勝てた。

 さて、パソコン版の良さはその速度の速さだ。PS版(前作・将星記の場合)だと他の大名のターンが何分もかかるくらい長くて、じっと待っている時間が辛かった。しかしパソコンでは、それよりも大規模な新作・烈風伝でもアッと言う間にターンが回ってくる。これは快適だ。あと、グラフィックが奇麗だ。解像度も色数も全然違うからねえ。

 逆にパソコン版の悪い所は、規模が大きすぎる事かな・・・。登場武将の人数も城の数も多いので、面倒見きれないって感じ。ゲーム機版の方がシェイプアップしている分、遊びやすい気もする。パッドも使えるし。パソコン版の方が凄いのはわかるが、痛しかゆしだなあ。

 さて、信長でやるとちょっと簡単過ぎると感じたので、今度は伊達政宗でプレーしてみた。そしたらなかなか厳しいッス。

 破竹の勢いで三戸・八戸あたりまで征服する事はできるのだが、東北地方の大名はどこも人手不足な上に、このゲームでは捕虜にできる確率や、捕虜を家臣に取りたてられる確率が低く、つまり城は取れても家臣はほとんど増えないという結果になりがち。このため城の数よりも家臣の数が少ないというような状況になってしまう。こうなってしまうと兵力が分散してしまって、脆弱になってしまう。実際、この回では周り中から攻められて、守っているのがやっとという悲惨な状況になってしまった。

 特に伊達領最南端の白石城は、相馬や二本松、最上などから攻められやすく、しかも本城である岩出山城から遠いため、補給や援軍が間に合わず非常に厳しい状況だ。

 そこで2回目のプレーでは、白石と岩出山の中間(今の仙台あたり)に新しい城を築いた。自動的に「仙台城」と命名されたのにはビックリ。ここを拠点とすれば相馬や二本松からの急襲にも即応できる。実際かなり有利に戦う事ができ、戦略は成功だった。

 でも、新規に城を築くのには大量の金と優秀な人材を投入しても半年以上かかってしまう。築城に優秀な人材は戦争にも優秀な人が多いので、築城中に他国から攻められると非常に厳しい。ここを乗り切れるかどうかが緊迫感あったな。

 しかし仙台城築城で序盤を乗り切ったとしても、領土拡張が困難である事には変わり無かった・・・(涙)。

 何とか東北地方を制覇し、南下を始めた伊達軍団だが、その頃には既に関東平野は全て織田家の物になっていた。織田家とは最初から同盟を結んでいて、そのおかげで北伐に専念できたわけだが、今やその織田家が邪魔物になってしまったのだ。

 しかし織田は征夷大将軍。日本の6〜7割方は織田の領地なのだ。信長は既に寿命で死んでいるのだが、織田家が圧倒的な大勢力である事には変わりは無い。そんな相手とぶつかって勝てるのか? しかもこのゲームでは同盟を破棄するとそれだけで「威信」が低下してしまうのだ。まだ盤石とは言えぬこの状況下で、それは避けたい。

 などと悩んでいる所に織田家の使者が来た。「伊達家との同盟を白紙に戻したい」
 ぬおお!向こうから同盟を破棄して来たわ!! 当然、織田の威信値は下がったが、880が830になった程度で、向こうにしたら痛くもかゆくもないという感じだろう。(伊達家の威信値はやっと300になった程度)

 同盟破棄を待っていたかのように一斉に織田の軍勢が多方面から侵攻してきた。伊達家側では「世の流れは完全に織田家にある。ならば織田家に降るのみ!」などと言って、城ごと織田に寝返る奴らまで出てきた。

 織田の大攻勢を前に最初は「もはやこれまでかっ!?」と思ったが、関東平野に関しては、織田もほとんど体勢を整えていなかったと見えてどの城も防御度がほとんどゼロ状態。これはチャアアンス! 少数の精鋭部隊による電撃作戦で立て直す時間を与えずに城を落としまくる。気が付けば関東の要地(水戸城、宇都宮城、川越城など)は我が手に。新潟方面は、大軍で波状的に攻めてくる織田勢に対して、東北地方全域から招集した武将(能力的にはイマイチの人達)の人海戦術で撃退。

 城主が裏切ると城ごと持っていかれるので、各城の城主を点検。寝返りそうな奴は手元に呼び寄せて城の改修などの仕事をさせて、寝返るチャンスを与えないなどの手を打った。

 この後も話は続くのだけど、キリが無いのでやめときます。


「信長の野望・烈風伝パワーアップキット」
 烈風伝をパワーアップさせるキット(そのまんまじゃん!)。

 今回のパワーアップキットではシリーズで初めて、オリジナルの大名でプレーする事ができるようになったのだ。(これまでのシリーズではそれは出来なかったのだ)

 で、黒沢家という新大名でプレー開始。
 これまでは東北地方からスタートしていたのだが、ちょっとマンネリなので、今回は足利幕府でスタートしてみたよ。最初から京都で征夷大将軍なのだが家臣の数が少なく、しかも周りは強豪だらけ。さらに、東北地方だったら単純に南進するだけで良かったのだが、京都は東西南北どの方面にも目を配る必要があって、はっきり言って難しい!

 ひとつくらいなら他国を攻めて城を落とす事はできるのだが、なにしろ家臣数が少ないので、下手に拡張しようとすると兵力が分散してかえって手詰まりになってしまう。どの方向にどういう風に進出するか、長期的戦略を考えて進まないといかんので、そういう意味ではやり甲斐があるなあ。

 信長が織田家を継いだらいきなり家臣の反感を招き、今川家に滅ぼされたのには驚いた。おかげで信長を家臣にできた。ラッキー!

日本史の勉強になるかも度 ★★★★


戻る