ヨッシーストーリー

評価が分かれるお子様ゲー



N64用、アクションゲーム。

 ニョーボの友達の家で子供が遊んでいたので、つられて買ってきた。まず試しに私がプレーしてみたのだが、「・・・こりゃダメだ」という感触。任天堂らしからぬクソゲーだ。

 画面的にはきれいなパステル調で、文字もかわいらしいひらがな。いかにも「子供向けの簡単で楽しいゲーム」という雰囲気なのだが、実際にプレーしてみるとその期待は完全に裏切られる。

 とにかく何をどうしたらいいのかさっぱり解らないのだ。例えばアイテムが落ちている上を通ってもアイテムが取れないとか、操作法が感覚的に解らないとか、使うボタンが多過ぎてどれが何をするボタンなのか解らないとか、そもそも敵の倒し方が解らないとか・・・。

 ニョーボは「取説をよく読めばいいじゃないのよ!」などと言うが、良く出来たゲームは取説など読まなくても楽しめるという事は、長くゲームをやってきた者の間では常識だよなあ(?)。ましてや子供向けというのならばなおさらの事でしょう。

 しかもストーリーの説明文やヒントなんかがやたらに画面上に出てうざったい。いちいち文章で説明しないと分からないような内容にするなっつーのよ。画面上の演出で表現しろっつーのよ。分析すればするほどイライラして怒りがこみ上げてくるゲームだ。

 ニョーボは、良かれと思って買ってきたソフトが完全に否定されてしまい、「そんなに言わなくてもいいじゃない!」という感じで機嫌が悪くなってしまった(^^;

 「ゼルダの伝説」もかなり複雑なゲームだけど、取説を読まなくてもそれなりにプレーできるし、奏一郎はフィールド内をただ走り回るだけでも楽しんでいる。この違いなのよ。良いゲームとダメなゲームの違いは。

【後日談】
 ニョーボと奏一郎はその後1年以上もこのゲームをプレーし続けた。同じ面を何度も何度も繰り返しプレーしている姿は、見ていて辛かったッス。私の田舎の方言で、こういう空しく繰り返されている状態を「カッキない」と言うのだが、あまりにもカッキないので、目先を変える為に「星のカービィ64」を買ってきたのだった。でも奏一郎は星のカービィ64には決して手を出さなかった。

昔はマリオの乗り物に過ぎなかったのに、今じゃ主役かよ度
★★


戻る