ドラゴンクエスト7
エデンの戦士たち

製作に何年もかけてこの結果とは・・・



 超有名RPGの最新作。毎度のように店に凄い行列ができたり、小学生がソフトを強奪される事件が起こったりする。私はドラクエ2でファミコンを始めた人間で、ドラクエのおかげでゲームの世界から抜けられなくなった。当然ドラクエは「2」から「6」まで、リアルタイムでプレーしている。「1」は「2」の直後にやった。

 (遠い目をして)楽しかったよねえ・・・。「2」から「4」までは。それにひきかえ「5」以降のドラクエはイマイチだ。絶頂期はファミコンの「3」「4」の頃で、以降はジリ貧という感じ。最近のTVチャンピオン「ゲーム王対決」の中で、歴代ドラクエのサブタイトルを答えるという問題があったのだが、古い方は確実に答えられるのに、(ゲーム王対決に出場するような人でも)新しい物ほど思い出せないという傾向があった。つまりドラクエは新しい物ほど印象が薄いのだ。印象が薄いという事はつまり面白くなかった、可もなく不可もなくだったという事を意味する。私も「1」から「4」まではだいたいのストーリーとか、最後のボスの姿とか名前とかをすぐに思い出せるのに、「5」や「6」ではストーリーも最後のボスの名前もほとんど思い出せない。

 そして今回の「7」。事前にデモンストレーションの画面を見たのだが、もう一目で「こりゃダメだ・・・」という感じであった。どこがそんなにダメなのか? 一言で言えば、「旧作とほとんど同じで、新鮮さが感じられない」「これは凄い!と思わせる物が何も無い」という事。基本的に「3」とか「4」の頃と何も変わっておらず、わざわざPSでやる必要無いんじゃないの?という感じだ。

 そりゃあ、マップは見下ろし型(「クォータービュー」ってヤツ)になってポリゴン3Dで構成されてはいるけれど、キャラクターは2D。パーティーが一列になって移動するというシステムも同じ。戦闘画面も昔のまんま。敵モンスターの絵がアニメーションするという要素は増えているけど、他にいじる所が無いからアニメーションでもさせるっぺか?というような、安易な感じがするのは私だけだろうか? でもまあ、これはデモンストレーション画面だから、実際にプレーすれば実は凄いのかもしれない・・・と僅かに希望を残しておいたのだった。

 で、発売当日。出荷量が半端でなく多かったせいなのか、すんなり購入できた。さっそくプレー。 ・・・・・・。 ダメだこりゃ・・・。こんな物のために製作期間何年もかけてたなんて、しかもそれを大傑作みたいに宣伝したり記事に取り上げたりしてるのって・・・。デモンストレーション画面を見た時の悪い予感はそのまま的中。基本的なシステムが昔のまんまなのに、中途半端に3D化したおかげで妙に安っぽく、ちぐはぐな点が目立つ。一部操作性が悪くなっているのもいただけない。

 町やダンジョンがポリゴン3Dなのに、フィールドマップはスーファミ時代と同レベルの2Dの俯瞰。これがもうどうしようもなく貧弱で中途半端。フィールドの広大な感じなど微塵も感じられない。ファミコンの貧弱なグラフィックの方が逆に想像をかき立てられて良かった。

 キャラクターはまるでスプライトで描いたような平面画。ファミコンの頃だったら、タイルパターンの1個と人物1個が同じサイズで、1歩=1タイルだったから、1歩1歩あるいている感じがしたのに、タイルパターンじゃないシステムで、しかも観る方向を自由に変更できるようにしたものだから、そこら辺の約束事が無くなっている。無くなっているのにタイルパターン時代と同じ方法論で組み立てているものだから、矛盾が生じる。例えば、自分が今どっちを向いているのか判りづらい、タンスを開けようと思ったけど実はタンスに向いていなかった、階段を上るのに階段の端っこを踏んだだけで上ってしまうのが気持ち悪い、人に話しかけるのにちゃんと向き合わずに話すのも気持ち悪い、などなど。

 また、町やダンジョンで視点を360度自由に移動できると思いきや、視点移動に制限がある町やダンジョンがあり、これがまた気持ち悪い。下手に3D化した事の弊害か? もう、序盤ちょっとやっただけで「開発に何年もかけてこれしか出来なかったの?」という不満が出てくる。

 が、ストーリーは良いと思う。ドラクエシリーズ得意のもの悲しい雰囲気、ほのぼのとした人間ドラマなど。かなりジーンとくる内容。ああ、これはまごうかた無きドラクエの味。もうひとつ良い点としては、CD−ROMからの読み込み時間をほとんど感じさせない事。何か特別な工夫をしているのだろうか? モンスターとの遭遇時や、マップ間の出入りでも遅れる感じがしない。ROMカセット版と同じ感覚でプレーできる。

 全体としては、まあ、悪くはない出来なのかな? グラフィックに慣れてしまえば、あるいは心を薄目にして観れば問題無いのかもしれないし、実際私もそれなりに楽しんでいる。でも、最高のRPGを自負するドラクエがこれでいいの?というわだかまりがあるのもまた事実なんだよなあ・・・。映画に例えれば、脚本は上出来なのに、役者の演技が下手だとか、模型を吊っているピアノ線がモロ見えで興ざめだとか、そんな感じかな?

 繰り返しになるけど、マップを3Dにしたのが生きていない感じがする。「なるほど!これは3Dでないと表現できなかったね!」という物がほとんど無い。PSの「キングズフィールド」シリーズとか、N64の「ゼルダの伝説」シリーズではポリゴン3Dならではの仕掛けとか演出があって、思わずニヤリとしたものだが、今回のドラクエにはそういうのがほとんど無い。これだったらスーファミ、いや、ゲームボーイでも同じ内容の物が出来ちゃうんじゃないの?という気がする。

 ファミコンの頃だったら背景とマイキャラの抽象化の度合いが同レベルだったから、どちらも(無意識の内に)記号として受け入れる事ができたが、ゲーム機のグラフィック性能が高くなったおかげで背景の描きこみ度リアル度が増し、しかしマイキャラだけは従来と大して変わらない抽象度具合なものだから、マイキャラが背景から浮いてしまっている。ここが違和感の元のような気がする。

 それはさておき、この「7」では主人公の傍若無人ぶりが凄い。これまでも主人公は他人の家に勝手に入って壺やタンスの中を調べて回るのが趣味(^^;だったが、今回の主人公は調べるだけでは飽きたらず、壺や瓶、樽などを壊しまくる! ひょい、ガシャン! ひょい、ガシャン! 壊さずに中の物だけを取る事もできるのだが、面倒くさいので壊しちゃう。また、壊さないと進めない所もあるから、壺や樽を見たらとりあえず壊すのが基本。突然他人の家に上がり込んで壺や樽を壊す男。それが主人公なのだ(^^;

【その後】
 ダーマ神殿で転職できるようになったら急激につまらなくなってしまった。経験した職業の組み合わせで転職できる職業が増えていくシステムなのだが、各職業を極めるまで経験させるのが単なる経験値稼ぎ作業になってしまって辛い。例えば羊飼いにならないと毒消しの魔法を覚えられないとか、実用的な魔法が各職業に分散されているので、嫌でも色々な職業を経験しなければならないようになっている。また、弱い敵と戦っても経験にならないようなルールになっているため、先に進む見極めも難しい(というか、そういう事を考えながら進まなければないのが嫌なのだ)。どの職業をやれば有利なのか?とか考え出すとキリが無い。たしか、前作「6」からこのシステムになったんだと思うけど、はっきり言ってこのシステムは失敗だと思う。

愛するが故の厳しい評価なので許してちょうだい度 ★★★


戻る