エースコンバット04

空戦ゲームの定番



 ナムコの空戦ゲームシリーズ、初のPS2用。内容としては、基本的にPSで出ていた前作と同じ。PS2用になった事でグラフィックが緻密でリアルなのは当然として、背景ストーリーがリアルで、現実のアフガン問題が重なって見えて何だか重苦しい。

 最初はF4ファントムしか使えないが、お金が溜まればF16とかF22とかも使えるようになるのはこれまでと同じ。使用兵器にバリエーションがあって、買って装備する事ができる。
 対空ミサイルと対地爆弾の両方を装備して、途中で切り替えて使わなければならない局面が出てくる。また、爆弾もナパーム弾とか対地誘導ミサイルとか種類があり、搭載できる機種や搭載数が違ったりする。

 このゲームは、例のニューヨークの世界貿易センタービルへのテロ事件の直後に発売されたのだが、あの頃にプレーするのはけっこう複雑な心境だった。特に港湾都市への爆撃ミッションでは、低空飛行に失敗して高層ビルに突っ込んでしまう事もあり、「やってはいけない事」をしてしまった気分でどんより・・・。

 結論: 最初のエースコンバットがPSで出た時の新鮮さはさすがにもう無いけど、現時点での空戦ゲームの定番と言えるでしょう。
とは言うもののやっぱり地味な印象が強い度 ★★★


戻る