ファイナルファンタジーXI
(85:さらばニャンピィ編)

最近、プレイ時間がめっきり減りました・・・。



【近況報告】
 突然の事ではあるが、諸般の事情からニョーボがFF11から引退した。で、何をしてるかと言えば、「ポケモン不思議のダンジョン・赤の救助隊」に精を出していたりする。また俺もここ数ヶ月は自分の体調が悪いせいもあって、FF11をプレイする時間がめっきり減っている。

 始めたからにはいつかは終らなければならぬ訳であり、その時が遂に来たという事である。でもまあキャラは消してないから、その気になればいつでも再開できるんだけどね。

 知り合いのみなさん。今後もちょくちょくニャンピィの姿を見かける事はあるかもしれませんが、でも中の人がニョーボかどうかは分かりませんので、悪しからず(^_^ゞ


くれやらぬ 11月の宵
黄昏色の 空をあおいで
すたすたと チョコボ走りぬ

ふたりの 小さき息子
お話に 耳をそばだて
キラキラと 目を輝かす

その空も とうに色あせ
思い出の こまだも消えて
秋の霜 夏を枯らしぬ

かりそめの ニャンピィの姿
いまははや 見るよしもなく
虚空に 消え去るのみ

さはいえど 名も知らねど
チャットに 笑いあう
仲間 なおもあるらん

不思議なる ヴァナをさまよい
冒険の旅を 夢見て暮らす
つかの間の 夏果てるまで

金色の 夕映えのなか
どこまでも 走り行かん
人の世も 夢にあらずや

※「鏡の国のアリス」より


【プロミヴォン地図、その後】

 以前、プロミヴォンの地図をソロで取ったという話を記事にしたが、その後調子に乗って、というか、そのくらいしか取り柄がないローディーなので、ホラ、デム、メア、3カ所の地図を取ってしまった。(右の写真)

 取ったからといって別段メリットがある訳でもないのに、そういう「ひとがやらない事」をやってひとり悦にいる気質なのよね。

 ここまでやったらプロミヴォン・ヴァズの地図も取ってみたいが、あそこは第1層の敵からちょっと強めなので、1〜2人でキーアイテム「記憶の結晶」を入手するのが難しいと思われ、他とは勝手が違うからなぁ・・・。


【ロンフォールがウィンダス領】
 気が付いたらサンドリア王国のお膝元、ロンフォール地方がウィンダス領になっていてビックリした。(右の写真)

 こんな事態は初めて見た。ウィンダス万歳!
 などと喜んでいたら、ウィンダス連邦のお膝元であるサルタバルタ地方がサンドリア領になっていて更にビックリ!(右の写真)
 ウィンダスのサルタバルタ特産品売り場では「サルタバルタ地方くらい取り返しなよ」とイヤミを言われるありさま。(右の写真)

 く、屈辱・・・。


【裏闇王に挑戦】

 裏世界「デュナミス」。ウィンダス、サンド、バストゥーク、ジュノの、通称「4国」をクリアするとボスディン氷河に挑戦できるようになり、それもクリアするといよいよ裏闇王「デュナミスロード」が待ちかまえる「デュナミス・ザルカバード」に挑戦できる。

 我々のグループでは裏攻略開始から1年経った頃、やっとデュナミス・ザルカバードに挑戦できるようになったのだが、その難易度に愕然としたね。難し過ぎ!!

 「こんなのクリアできるのかぁっ?」

 と泣き言が漏れる。デュナミス・ボスディンも難しかったが、それともまた違う難しさ。他のエリアよりも更に細かい役割分担やチームワークが要求される。しかし50〜60人を統率し、団体行動を取らせるのは凄く難しい。それもチャットしか意志疎通手段が無い集団でだから、チームワークを発揮させるのは至難の業だ。

 その重い責務もあってかグループ創立の中心人物が辞めてしまい、グループ崩壊の危機もあった。けれど、みんなが意見を出し合ってなんとかグループ崩壊を免れた。

 で、それから更に半年が経ち、最近になってやっと裏闇王(右の写真)の所まで進む事ができるようになってきた。初めて裏闇王の手前まで行った際には、

 「お? まさかこれはクリアする所まで行けるのか?」

 なんて期待したのだが、実際に戦ってみたら、その強さ、凶悪さは完全に反則レベルで、全然歯が立たず・・・。

 一撃でフルアラが全滅させられたりする事もあるほどで(左の写真)、3度挑戦して3度とも敗退。HPを半分強まで削った事もあったが、子分のドラゴンを召喚されたり、闇王が分身したりして結局総崩れという展開であった。

 後に残るは屍の山のみ。

 ああ。つわものどもが夢のあと・・・。

 でも、ほぼ確実に裏闇王のツラを拝む所まで行けるようになったというのは大きな進歩。みんなその事だけでも充実感を味わえたのではないだろうか。

 それにしても、これを初めてクリアしたグループは偉いわ〜(^_^;;

[2005/12/02]
Copyright (C) 2002-2004 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.


戻る