ファイナルファンタジーXI
(94:インターネット
セキュリティー編)

パソコン版を使う上では避けて通れない問題



 こんばんは。最近は一週間に3日程度しかFF11をしていないロード黒沢です。それもミラテテ様ゲットや空LSや裏LSの定例参加のみなので、ここに書く新しいネタが全く無い状態なのです。なので今回は、いつもとはちょっと違う話をしたいと思います。


【ノートンを更新】
 我が家のパソコンは、ずっとノートンのセキュリティーソフトを使っている。が、このノートン(だけとは限らないが)にはちょっと困った癖が・・・。

 元々1年間分の「最新版への更新」権利が付いてくるのだが、これが残り1ヶ月を切ると、「あと○○日で権利が終了します。期限延長して下さい」というようなメッセージが出るようになる。これがパソコンでFF11をやっている身にはかなり困るのだ。

 FF11は全画面モードで動作しているのだが、他のソフトが画面に新しいウィンドウを出そうとすると、全画面モードが断ちきられてしまうため、その瞬間にFF11が突然ブチッっと終了させられてしまうのだ。

 FF11プレイ中に落とされてしまうと、自分だけでなく、他のプレーヤーにも迷惑が及ぶ危険性が大であり、非常に困る。

 元々ノートンアンチウィルスなどのデフォルト設定では、「自動的に最新版に更新する」となっているため、自動更新時に「更新しました」というポップアップウィンドウが出るようになっている。つまりデフォルトで使っていると、そのたびにFF11を落とされてしまうのだ。だから俺は敢えて「自動的に更新」をオフにして、毎日手動で更新していたワケ。

 これまではこれで済んでいたのだが、今度は「あと○○日で更新期限です」ウィンドウが開くようになってしまったため、もう大変。これが出ないようにするには、期限延長の手続きをするか、あるいは2007年版を購入するかしか手は無い。

 まだ29日ほど残り期限はあるが、FF11プレイの安定を守るため、敢えて2007年版を購入。この場合、「2006年版の権利を延長した」のではないため、2006年版の有効期限の残り29日分は無駄に捨てた事になるようだ。

 毎年だよ! 毎年っ!! ノートンさんにはこの手で毎年1ヶ月分捨てさせられているんだよ。どうしてくれるんだよ!! ちくしょーーーーッ!!(泣きながら手当たりしだいに壺を割るシーン)


【ノートンの罠】
 とか何とか言いながらもノートンを使い続けていた俺なのだが、平和は長くは続かなかった・・・。

 ノートン2007年版では、何と、「自動的に更新」をオフにしていると、「アップデートをして下さい」というようなウインドウ(右の写真)が勝手に開いてしまう事が判明。もちろん毎日手動でアップデートしているのにだ。しかもこの警告文が出ないようにするスイッチは無い模様・・・。これじゃあ2007年版にした意味無しorz

 唯一の対策として、「アップデートして下さい」のウインドウを閉じずに、常時開きっぱなしにしておく事くらいしかない。格好悪いけど仕方が無い。

 警告ウインドウを開きっぱなしにして、ふう、まずはこれで一安心・・・と思ってたら、この状態でも更に「最新版があります。今すぐインストールしますか?Yes/No」というポップアップウィンドウが出る事が判明。おいおいおいおい。勘弁してよ〜。

 シマンテックさん。PCをゲームで使っている人の身にもなって、開発よろしくお願いしますm(_ _)m

 あと、ウェブのニュース記事を読んでたら、「ノートンネットワークセキュリティー2006をインストールしている人は、有効期間中は2007にダウンロードアップデートできる」みたいな事が書いてあった。もしそれが本当なら、俺、本当の意味で1ヶ月分の権利を捨てた事になるんですけど・・・。

 もうどうでもええんじゃーーーーっ!!


【さようならノートン】
 ノートンのだとFF11プレー中にいつ落とされるか分からないので、この際、他のセキュリティーソフトに切り替える検討に入った。

 調べてみると、大手3社、ノートン(シマンテック社)、ウイルスバスター(トレンドマイクロ社)、マカフィー(マカフィー社)、の他にも有力なインターネットセキュリティーソフトがいくつもある事、そして性能的に大手3社の製品を上回る物がたくさんあるという事を知りビックリ。う〜む。セキュリティーソフトの道も長く険しいようだ。

 で、ちょっと調べてみた所、マカフィーは2006年版から、全画面モード(即ちゲーム中)にはゲームを中断させないように、敢えてポップアップウィンドウを開かないようにしている、と明記してある。何だ、ゲームプレーヤーを意識して対策を打っているソフトもあるんじゃん!

 じゃあウイルスバスターはどうなのか? トレンドマイクロ社のホームページで、ウイルスバスターの取扱説明書を閲覧してみると、完全かどうかは分からないけど、「ポップアップメッセージを表示するかどうか」を設定できるようになっているようだ。

 う〜む。要するに、マカフィーかウイルスバスターに乗り換えれば問題解決というワケか・・・。

 ネットでそれぞれの評判を調べてみると、ノートン、バスター、マカフィー、こっちが「重い」だの、ここが「ダメ」だの、百家争鳴。結局の所どれが良いのか分からない。どちらも体験版サービスを行っているので、まずは全画面モードのゲームへの対応を明言しているマカフィー(体験版)をインストールしてみた。


【マカフィーを使ってみた感想】
 ・ 何だかパソコンの動作が重くなったように感じる。

 ・ そう感じる原因は、ホームページを開く際の重さが大きいと見た。マカフィーには、開こうとしているページや、開いたページに含まれるリンクの素性を調べ上げたデータベースに照会して、その安全/危険を報告する機能がある。この機能のために重く感じられるようだ。(なお、この機能だけをアンインストールする事は可能)

 ・ 全体に、ノートンよりも厳しい監視が行われている感じ(あくまでも体感上の話だが)。

 ・ FF11が全画面モード問題で落とされる事は無いが、ファイヤーウォールのせいなのか、キャラクターのログオフ時に通信エラーがしばしば発生した。

 ・ 各種の設定をする際、それがどこで設定できるのか分かりにくいと感じた。

 ・ ディスクデフラグや、ディスククリーニング機能、バックアップ機能が付属しているが、これらの機能は他に専門のソフトがあるので、セキュリティーソフトには不要な気が・・・。

 セキュリティー能力が強力なソフトは、セキュリティーには安心な反面、本来無害なソフトの動作にもチェックや規制が入るため、逆に問題が起こる事もあり得るようだ。結局、キャラクターのログアウト時にエラーが出る場合がある事と、各種設定が面倒臭い事が気に入らず、不採用。


【ウイルスバスターの場合】
 次はトレンドマイクロのウイルスバスター(体験版)をインストールしてみた。

 こちらの感想は、

 ・ ポップアップウィンドウが出ないように設定できる。

 ・ マカフィーを使った後だからかも知れないが、全体的に縛りが緩いように感じられる。

 ・ 設定方法は解りやすい。ファイヤーウォールの強度もマニュアルで設定できる。

 全体的な印象は「普通」という感じ。

 普通という意味ではノートンも同じだが、ノートン2007年版は自分で設定できる部分が以前のバージョンよりも少なくなっており、そこが不満のひとつだった。が、ウイルスバスターはいじりたい所がいじれるようになっていたのが好印象。

 FF11の動作も問題無いようなので、ウイルスバスターを採用する事に決定したのだった。

[2006/11/3]
Copyright (C) 2002-2006 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.


戻る