面白いモノゴト 05



北海道の猿払あたりで見かけた謎の家。

窓際に、「これを見よ!」と言わんばかりにキティちゃんが並べてある。(写真ではよく見えないが、小さい物がたくさん並べてある)

単なる目立ちたがり屋さん? あるいは、他には何も無いような寂しい所なので、せめて窓際だけでも楽しく飾りたかったのか。



北海道、富良野市はへそ踊りが名物である。市内にはこのように、いたる所にへそ踊りの絵が描いてある。

知らない人が見ると、へそ踊りと言うよりは、魔人キノコルゲ〜っ!という感じだ・・・。(富良野のみなさんごめんなさい)



日本の最北端、宗谷岬で見かけた看板。

旅行記にも書いたがここの名物はタコ。
にしても「ついに出たあ〜」とは、受けを狙っていると思われても仕方あるまい。次は「たこシュークリーム」を作って欲しい。



タコと言えば、こんな家を宮城県某所で発見。

なぜガレージの上に巨大なタコがあるのか?
タコ以外は、少なくとも外見上は普通の民家だった。タコが名産という訳でもなさそうだった。謎だ・・・。




たぶん、原人の遺跡か何か見つかった所なんでしょう。でもそれをお菓子に結びつけるのは、ちょっと無理があると思うんだけどなあ・・・。

それとも「土佐の人、原」という意味とか?
(ちがいます)



仙台あたりでは有名な、ちょっと変わった寿司屋。

それにしてもこのポスターのセンスは・・・(^^;
そして左下のマークは何のマークなんだろう?


戻る