使ってます、リコーGX100
出かける時は忘れずに。


【1ヶ月使ってみて】
 買って1ヶ月目くらいか? リコーGX100。色々なサイトで評価がアップされているが、俺としても、ここらでひとつ意見をまとめてみたい。


(良い点)
 ・ 画質的には不満無し(アンダー気味にした際の暗部のノイズは別として)。近距離の物を撮る際は、もう絶対にGX100だ。ミョ〜に存在感のある絵が撮れて嬉しい。



 ・ 小さくて軽いので、機動性が高い。スーパーマーケットの店内で陳列されてる焼きたてパンを大アップで盗み撮り?(下の写真)なんて事ができたりする。こんな事、一眼レフでは絶対に無理。


 ・ スポット測光でのAE固定とAFの固定が別々に行えて、その操作性が良いので、意図した絵が撮りやすい。もちろんニコンD100でも可能だが、GX100の方が使い易い。


(不満な点)
 ・ レンズキャップがちょっとジャマ。一眼レフのニコンD100では全く気にならなかったが、GX100のようなコンパクト機ではいちいちキャップを外すという行為が機動性を落としていると思った。正直言って、他機種の自動的に開閉するレンズバリアがうらやましいと思った。


 ・ あとこのキャップは、外すと付属のヒモで本体からぶら下げられる事になるのだが、これがぶらーんぶらーんとレンズの前を横切ったりする事があって、凄く邪魔!(右の写真)

 ヒモをとめる位置がレンズよりも上にあるためにこんな事が起こってしまうのだ。なお、この問題は、ヒモを付ける位置をグリップ側に変更する事でかなり改善される。


 ・ 液晶ビューファインダーは、意外に使わなかった(^_^; やっぱ覗き窓が小さくて見づらい。

 落ち着いて考えてみれば、従来の一眼レフでも諸条件の設定は専用の液晶画面を見ながら行っていた。ファインダー覗いて設定していたワケではない。GX100の場合でもこれは同じで、諸条件の設定はビューファインダーではなく、大型画面の方で行うのが扱いやすいのは当然の成り行き。だからビューファインダーを覗かなくなるのだな。

 カメラの撮りやすさという意味でのビューファインダーの存在は悪くないが、出来ればもうちょっと大きく見えて欲しかった。


 ・ 専用ケースが、液晶ビューファインダーを付けたままでも収納できる点は素晴らしいが、このケース、ベルト通しが無いため、ベルトに装着できない。

 ケース背面には変なリングがひとつ付いているだけ(右の写真)。これってストラップを付けて首から下げろという意味なのだろうか? できればベルトに装着できるようにして欲しかった。


 ・・・とまあ、不満な点の方が多くなってしまったが、良い絵が撮れるカメラだと思う。D100は忘れても、GX100は持って歩きたい。そんなカメラだ。


【補強策決行】
 GX100を使っていて「こうだったらいいのにな」と感じた点。

 ・ 付属のハンドストラップよりも、首からさげるネックストラップスタイルにした方がスナップ撮影に便利だと思う。

 ・ NDフィルター(減光)やPLフィルター(偏向)など、フィルターを使いたい場面が多々ある。別売りのアダプターを使えば市販のフィルターを使えるようなるのだが・・・。

 を改善しようというワケで、ネックストラップとアダプターを買ってきた。

 左の写真がネックストラップに変更した姿。GRデジタル用の物を使う事になる。

 やっぱりハンドストラップよりも、首からさげるスタイルの方が機動力が上がる。
 左の写真は、アダプターにフィルターを装着した所。

 一般に売られている43ミリ径のフィルターが使用できる。

 なお、アダプターに付属するレンズフードは柔軟な素材で出来ており、なかなか使い易い。


 で、恥ずかしながら、撮った写真を紹介。

 夕方の影。コントラストやガンマ、彩度をいじっている。

 流れる桜。シャッタースピードを遅くして、自転車に乗りながら撮影。曇りで、しかも半分葉桜状態だったので、鮮やかな色で撮れなかったのは残念。

 小さな花。マクロレンズで撮ったような綺麗な写真が普通に撮れるのが嬉しい。

 水田に夕日。ガンマをちょっと暗めに変更。

[2007/6/3]


戻る