クルマ選び2007
そして発注へ
さ〜て、いったい何が選ばれたのでしょ〜かっ?!


【最終決断へ】
 新車購入の選考は悩みに悩み、候補車は減るどころか増える一方。VWポロやBMWのミニワン、果ては日産の「マイクラC+C」(英国産のマーチベースのコンバーチブル車)まで持ち出す始末。(またお父さんの病気がっ!byニョーボ)

 でも、VWだと近くにディーラーが無いので、定期点検とか面倒臭くなりそう。BMWのディーラーは比較的近いけど、ミニワンって2ドアだもんなぁ〜。あ、それを言ったら「マイクラC+C」は論外?ってな感じで、ある日を境にバッサバッサと斬り捨てられていき、結局はやっぱりマツダのベリーサという事になった。

 初代デミオを凄く気に入っていたので、そのテイストを受け継いでいるベリーサが良いでしょう、という結論だ。また、マツダのディーラーは家から一番近いディーラーなので、何かあった時に行きやすいという事も理由のひとつ。

 てなワケで、またまたマツダディーラーに行ってベリーサを試乗してきた。グレードは革張りシートがカッコいいLタイプ。わざわざこの試乗のために他店から持ってきてもらったのだ。

 さすがに内装が高級っぽく(左の写真)、車内が静か。ベリーサはデビューした際にも一度乗っているのだが、あの時はそんなに高級っぽくも静かにも感じなかった。何でかなぁ? でも今回はハッキリ認識できた。

 気になったのは、ステアリングがまるでスタッドレスを履いた時のようにニュルっと軽く回る事。営業さんの説明では、最近のクルマは電動パワステなのでみんなこんな感じとの事。

 試乗後の感想としては、先に新デミオのCVTの走りを経験してしまっていたので、4速ATにちょっと物足りなさが・・・。

 「新デミオのエンジンとトランスミッションを使ったベリーサが欲しいですねえ」

 と言ったら営業の人が苦笑いしていた。

 で、ベリーサの見積もりだけど、普段から付き合いが多いディーラーという事もあって、最初から20万円引きを提示してきた。更にもうちょっと引けるかも知れないとも。

 俺「やっぱ、ベリーサでしょうか」

 ニョーボ「私、あの革張りシートがオヤジ臭くてイヤ

 俺「え〜! 俺はあの高級感が好きなんだけど・・・」

 ニョーボ「小型車にそういう高級感を求めるのはちょっと違うんじゃないの?」

 俺の高級志向は、ニョーボにバッサリと斬り捨てられてしまった・・・orz


【革張りか布張りか】
 ところで、今回初めて革張りシート車に試乗して気が付いたのだが、どうも革張り座席だと、座った時のお尻の沈み込み量が少ないためなのかどうなのか、相対的に天井の高さが低めになってしまうようなのだ。つまり革張りシートだと背筋を伸ばして天井がギリギリという感じだが、布張りだと天井までの余裕が大きくなるっぽい。

 この意見には営業さんも驚き、店長まで呼んで実際に座って確かめていた。

 となると改めて気になるのが新デミオの後席の天井高さ。以前こっそり見せてもらった新デミオは革張りモデルだったのだ。という事は、たたでさえ低い天井がより低く感じられたという事でしょう? という事は、もしかして布張り座席ならば新デミオでも許せる高さなんじゃないか?という期待がっ!!

 そう思ってしまったらもうたまらない。慌てて新デミオとベリーサの座り比べ大会が開始された。こっちに走っては座り、あっちに走っては座り、と駆け回ってしまった。

 で、結果、革張りほどではないものの、新デミオの後席はやっぱり窮屈であるという結論に・・・。俺が座っている所を外で見てたニョーボも、「何か窮屈そう」と言っていた。

 だが、新デミオでも我慢する気になれば我慢できそうな微妙なレベルであり、かな〜り悩んだ。悩んで悩んで悩みまくって、やっぱりベリーサにする事に。もうこの日に決めるという覚悟で来ていたので、決断せざるを得なかったのだ。

 こうして機種はベリーサの布張りグレード(Cタイプ)に決定。

 最後の問題はボディーカラー。

 俺はあらかじめ家族の意見を聴き、それぞれの色でのイメージ画像をプリントアウトして持ち込んでいた(右の写真)。マツダのホームページにある「ウェブチューンファクトリー」を使えば、各ボディーカラーでの完成予想図を自由に作る事ができるのだ。

 この周到さには営業さんも驚嘆。店長を呼んで「この方法、売り込みに使えるんじゃ・・・?」みたいな顔で見ていた。

 ニョーボは淡い水色が良いと言い、俺はオレンジ色。奏一郎は濃い青が良いと言う。(ボクの意見は〜?by詠二郎)

 基本的に暗い色は視認性が悪くなるため、交通安全上の理由から明るい色、目立つ色を選びたい。でもこの濃い青もけっこうカッコいいんだよなぁ〜。

 オレンジ色(左の写真)は、カタログで見るとかなりカッコよくて、最初はこれを買おうと思っていた。が、近所に似たような色の日産マーチを持っている家があって、そのクルマの色を見たら、何だか幻滅・・・。これでオレンジは無しという事に。

 結局、濃い赤、淡い水色、濃い青の3色が選考に残り、営業さんの「ボディーカラーで事故率が違うというデータがあるんですよね。やっぱり視認性が良い色の方が事故率が低いと」との意見が決定打となり、濃い赤が選ばれた。(私の水色が消えた理由は?byニョーボ)

 ちなみに、営業さんの話にるよと、淡い水色は女性に人気の色なんだそうだ。(だから、どうしてそれが消えたのかと!byニョーボ)

 というワケで、クルマの詳細が決まってすぐ発注となった。俺が指定したメーカーオプションだと受注生産になってしまうそうなんだけど、納車は意外に早く、1ヶ月後くらいになるとの事。

 値引きに関しては、前回の20万円引きにプラスして、冬タイヤ(アルミホイール付き)を付けるという事で手を打った。アルミホイールってまともに買うとホイールだけで10万円以上したりするから、お得だという判断。

 スチールホイールにすればもっと安く済むという考えもあったが、俺が買ったバージョンはホイールキャップが付いてこないタイプだったので、冬用のアルミホイールが欲しかったのだ。


【現金でド〜ンと】
 その翌日は人間ドックの再検査のため休暇を取っていた。再検査は採血するだけなのであっと言う間に終了。とんぼ返りで家に戻り、預金通帳を持って銀行へ。ベリーサの支払いを現金で済まそうという魂胆だ。そして札束を持ってマツダの店へ。

 まさか平日の昼に、それも現金を持って現れるとは誰も予想していなかったので、店長もビックリ。札束をレジ担当の女子社員に数えさせ、無事入金完了。

 本当はデビットカードでも支払えて、その方が安全確実なんだそうだけど、デビットカードって1日に使える金額に制限があるため、何日かに分けてやらないとダメなのだそうだ。それも面倒臭いので、現金にしたというワケだ。

 ちなみに、クレジットカードでは支払いできないとの事。もしできれば一気にポイントが貯まって良いんだけどねぇ(^_^; (支払い制限が無いブラックカードなら良いのかな?)

 その後、書店でオートマ車の運転の教本みたいなヤツを買った。我々夫婦はずっとマニュアル車だけに乗っていたので、オートマ車の運転ってけっこう不安なんだよねぇ〜。オートマ車って、突然急発進して人身事故とか時々ニュースになるでしょ。ああいうのを起こさないように、正しい知識を覚えようと思って買ったのだった。


【発注した後で】
 以上のような経緯でベリーサを発注したワケだが、発注した後になって色々気になったり心配になったり・・・。

 例えば書店に行くとクルマ関係の雑誌とか単行本が気になる。ベリーサがどういう評価を受けているのか・・・。あ、徳大寺有恒氏って、もう「間違いだらけのクルマ選び」を辞めちゃったんだね。2005年冬版が最終巻だった。ちなみに、この最終巻にはベリーサどころかデミオすら載っていない。(マツダを倒産の危機から救った名車なのに・・・)

 街を歩いていてもクルマのボディーカラーが気になる。見るクルマ、見るクルマ、クルマというクルマの色が凄く気になる。もう気になって気になってしょうがないのだ!

 「あ、薄い黄色とか水色とかは、何だか日光で褪色しちゃったように見えちゃうなぁ〜」とか、

 「あ、あの色は俺が選ぼうとしたオレンジ色だ。やっぱり暴走族が乗るクルマっぽい。選ばなくて良かった〜」とか、

 「白とか銀色のクルマが凄く多くて、赤は意外に少ないな。でもやっぱ、濃い赤は無難な色だよなぁ〜」とか。

 できるだけできるだけ「やっぱり赤を選んで良かった」と思いたい。そういう結論に持っていきたいという心理が自分でも分かる。分かっていても、そう考えずにはいられないのだ。これが人間の業ってヤツなんでしょうか?

 ちなみにこの赤(左の写真)、実物を見ると牛丼の「すき家」の看板の赤に近い濃い赤なので、我が家では「すき家レッド」と呼んでいる。

 他には、AUX入力の取り付け位置。普通は助手席側の右膝が当たる辺りの側面に取り付けられるらしいのだが、営業さんの話によると、その気になれば運転席側にでも取り付けられるという。

 ウォークマン本体は、操作の関係上運転席側に置く事になる。という事は、もしAUX入力が助手席側に設けると、音声ケーブルがカーステレオの前を横断する事になるワケです。

 車内に露骨にケーブルがはっているような見苦しい状態が嫌だから、わざわざ高い費用を払って純正のAUX入力を付けようとしているのに、音声ケーブルがカーステレオの前を横断すると? ダメじゃないですか! それじゃあ困るんですよ!!

 というワケで、AUX入力は運転席側に付けて欲しいと営業さんに念を押した。(実際にやってみたらやっぱり助手席側にしか付けられませんでした、という結果になる事も十分にあり得るので、心配の種は尽きない・・・)


 もうひとつはETC装置。新デミオでのオプションでは、ETC装置は運転席の頭上前方の天井に埋め込むように設置する事になっている。が、ベリーサではそういう天井埋め込み型は指定できず、装置は前述のAUX入力の位置(助手席側)に取り付ける事になっていた。

 この取り付け方だとETC装置がモロに見えてカッコ悪い。前回挙げた必要条件のひとつ、「ETCの実装が前提になっている事」というのは、こういうモロ後付けに見えるのは嫌だという意味なのだ。(でも結局は仕方なく妥協した)

 ところが、新デミオが公式発表になった後に、あらためて「ウェブチューンファクトリー」でオプションを確認してみた所、選べるETC装置が新デミオと同じ装置、つまり天井埋め込み型の物に置き換わっている事に気が付いた。(右の写真)

 えっ!? ベリーサでも天井埋め込み型にできるという事?

 この件は営業さんも知らなかったそうで、実際の所どうなのかまだ分からないとの事。(その後、しばらくしてから公式発表があった)

 ディーラーオプションのカタログによると、助手席側の右膝が当たる辺りには、AUX入力か、ETC装置か、ダストボックスか、どれかひとつしか取り付けられないといういう事になっていた。

 という事は、ETC装置が天井埋め込み型にならなかった場合は、AUX入力の取り付けもできなくなるのでは?という疑問があったが、その心配はしなくて済みそうだ。


【ウォークマン】
 カーステレオはウォークマンを音源とする事を前提にオプション構成してあるのだが、

 俺「(自慢げに)今度のカーステレオは、ウォークマンを音源にするから便利だぞぉ〜」

 ニョーボ「(あんたは自分のウォークマンがあるからそれでいいだろうけど)私も好きな曲をかけたいんだけど?

 俺「(瞬時に危険を察知し)あ〜ああ〜、それはあなた専用のウォークマンを別に買うから全然っ大丈夫っ!!」

 ニョーボ「(疑惑の目で)ホントね」

 ええ、速攻で注文しましたとも。8GBのを買いましたとも。ちゃんと新色であるピンク色のヤツを買いましたとも。(左の写真)

 また、革ケースに入れたままだと、運転中の操作は難しいので、専用のハンガークリップも買いましたとも!

 更に言うならば、ニョーボがMDに録ってあった曲を全部ネットジュークにコピーし、そこからピンクのウォークマンに録音したり、まだ録音していないCDの中からニョーボが好みそうな物を選び録音したりしましたとも!! もう準備万端で御座いますとも!!!


 ところで7月16日に発生した中越沖地震で、エンジン部品メーカー大手のリケンが被災し、操業停止になってしまったため、自動車メーカーが軒並み生産休止になってしまった。

 最初のニュースではマツダは含まれていなかったが、結局マツダも21日夕方から生産休止との事。予定ではちょうどその頃に俺のベリーサが生産されるはずなのですが・・・、まあ、地震で被災されたみなさんの事を思えば、こんなのどうって事ないですよね・・・。

[2007/7/21]


戻る