かんなぎ神社に初詣
「巡礼の方ですか?」

2009年元旦、鼻節神社


 アニメ「かんなぎ」に登場する神社のモデルになったと言われる鼻節神社(宮城県七ヶ浜町)に初詣。何だかんだ言っても、やっぱり行ってきてしまいました(^_^;

 神社へは七ヶ浜町を一周する幹線道路から脇道に入らないといけないのだが、ちゃんと看板(左の写真)があるから大丈夫。
 車がすれ違えない細い道を進むと、間もなく駐車場に到着。

 小さな町の神社なので、駐められる台数は少ない。10数台で満車。道は行き止まりなので、初詣で混んでいるとちょっとアセる。(普段は人っ子一人いない)
 駐車場から少し歩いて第一の鳥居。

 由緒ある神社だけあって、けっこう立派。
 参道を進むと「表参道→」という看板。

 右に進むのが正しいと思わせておいて、実はこれが罠なのだ!

 右に進むと一旦海岸近くまで降りてから、長くて急な石段を登る事になる。まさに孔明の罠! 普通の人は左へ行くのが正解だ。
 こうしてやっと神社本殿に到着。

 寂れすぎず豪華すぎず、なかなかいい雰囲気。

 巡礼のオタクの方は来ていないかな?
 と、脇の方に目を移すと不思議なオーラを発するテントが。何か気を感じる。

 恐る恐る接近・・・。
 このバッグじゃ!

 このバッグから強烈なオタ気が発せられておるのじゃ! それと、何なのじゃ?あのバッグから顔を出しているバトンのような物は!

 そしてテントの中を見ると・・・


武梨えり先生


健康恢復祈願募金箱!!


 ひゃ〜。ホントに「かんなぎ」関係者いたーーーーっ!(´∇`;)

 テントの人「巡礼の方ですか?

 うわっ! 巡礼の方と間違われた〜〜〜っ!!! って俺、巡礼の方なんですけどね(^_^;

 うろたえる俺を見て思いっ切りウケるニョーボ。分かっているさ。俺は巡礼者さ。でも「はい。巡礼です」って答えるのは何となく抵抗を感じるんじゃ。

 巡礼じゃない巡礼じゃない巡礼じゃないんだ。あくまで一般の初詣客という態度で通すしかないんだ。でも募金して、あまつさえ記帳までしている俺はもう、誰がどう見ても「巡礼の方」だ。

 ニョーボ「今年の言葉は『巡礼の方ですか?』(笑)」

 こうして頂いたのが鼻節神社&かんなぎの・・・、えーと、これ何ていうんだっけ? ほら、神棚に飾ったりするアレ(下の写真)。よく見ると七ヶ浜町観光協会とある。新聞に「かんなぎ効果をどう生かせるか検討したい」と書いてあったけど、本当にやってしまったのね!

 帰り道。すれ違う参拝客にカメラをさげた男性客が何人も。

 ニョーボ「巡礼の方だわ。あの人も巡礼の方だわ( ^ω^)クスッ」

 俺「お前、巡礼を笑う者は巡礼に泣くぞ!」

 ニョーボ「泣かない、泣かない」


(追記1)
 私と同じように初詣した人のブログによると、上の写真のアレは先着100枚限定だったようです。もらえた私はラッキーだったのね。(集めた募金は武梨えり先生快復祈願の祈祷料に使われるとの事)


(追記2)
 この話を、ツアー関係にちょっと詳しい兄に話したら、「アメリカだと映画に登場した場所を回るツアーが用意されてるんだよ」「もしアニメで地域活性化するんだったら、ちゃんとツアーを組んで、グッズ類も準備してやらなきゃダメ!」などとキッパリ言われたました。

 予想されてた事ではありますが、七ヶ浜町観光協会が期待する経済効果はほんの瞬間的なものに終わると思われます。

 まあ、鼻節神社は森に囲まれ静かな点が良い所であるので、私としてはこれはこれで良いと思います。これから巡礼に行かれる方は、そのひなびた趣を味わってみて下さい。


(追記3)
 宮城県の地元紙、河北新報の記事によりますと、上のアレは「ハンカチ」だとの事。

 え〜? ハンカチだったの?(´Д`;)

 ほら、大国主命とか七福神とか神様の姿を描いた紙を神棚に飾っておくのがあるじゃないですか。私ゃ、ああいうのの一種だと信じてましたよ。

 っつーか、神社名付きナギ様が描かれているこれで手を拭く人いないでしょう?バチ当たりますよ。だからハンカチじゃないって事でもいいですよね? ねっ? そういう事にしましょうよ〜(´Д⊂

[2009/1/1]
追記[2009/1/4]
追記[2009/1/5]


戻る