実物大ガンダムを見にお台場へ

2009年8月、東京


【僕らの聖地巡礼2009】
 今年の夏の大イベントと言えば何と言ってもお台場の実物大ガンダム。この話を聞いた時から、これは是非見に行かねば!と思っていたのだが、子供の夏休みの予定が想像以上に入ってて、7月末まで予定でいっぱい。

 8月になったら今度は天候不順。ガンダムは野外にあるからして、天気が良い日に行かなければ意味が無いワケであり、行きたくても行けない日が続いたのだった。そして気が付けばお盆。お盆は帰省ラッシュにかぶるからダメ。で、お盆明けの月曜日。朝の天気予報で天候を確認し、やっと「今日行くぞ」という事になったのだった。

 なお、ガンダムの所には夕方着くように計画した。ガンダムって基本的に白いから、昼間だと(特に背景に雲があると)絵的にメリハリが無いような気がしたので、夕暮れ時が狙い目だと思ってたワケ。ガンダムは東を向いて立っているので、正面から見ると夕日を背にしたような構図になるはずで、これを狙おうと。

 また、夜にはライトアップされるとの事から、夕方に行けば夕景とライトアップと両方見られるという寸法だ。

 あと、せっかく東京に行くのだからガンダムだけ見て帰ってくるのはもったいない。そこでガンダムに行く前に自分なりの「聖地巡礼」をする事にした。


【トキワ荘の住人が愛した松葉のラーメン】
 まずはトキワ荘ゆかりの「松葉」のラーメンを食べに。

 藤子A先生の「まんが道」を読んだ事のある人ならみんな知ってるあの店だ。

 行ってみると、商店街がある通りは「トキワ荘通り」という名前になっていて、「マンガの聖地」を全面に押し出していた。

 「松葉」に着いたのが午後1時。お腹が減ってペコペコだった事もあって、ラーメン(左の写真)は美味しかった。

 正直、麺はプリプリとかシコシコとかではなく、ちょっとボソっとした食感。だけど、そこがまた昔の素朴なラーメンっぽい。そういう麺だ。

 スープが美味しくて、普段スープまでは飲まない詠二郎も全部飲み干していた。

 トキワ荘があった所は既に跡形も無くなっていて、「トキワ荘はこの路地の奥右側にありました」という看板が置いてあるのみ。(右の写真)

 近くの公園には記念碑が建っていて、定年退職したくらいの男性が写真を撮っていた。この人も「聖地巡礼」なのだろう。

【サンライズ本社】
 次はサンライズ本社がある西武新宿線の上井草へ。

 各駅停車しかとまらないようなので、まあゆっくりと行こう・・・。とか思って油断してたら今とまってる駅が「下井草」。

 「あ、ここだ! 降りなきゃ!!」

 と、慌てて降りたら、詠二郎が「下井草じゃなくて、上井草じゃなかった?」と言う。

 え? 下井草と上井草、両方とも駅あるの?

 ホームの路線図を見ると、確かに「上井草」という駅が2駅先にある。

 「ちぃーーーーっ!! 俺とした事が!!」(父の威厳が5さがった!)

 てなワケで、予定より少々遅れて上井草に到着(汗)。

 まず駅の発車チャイムが、いきなりガンダムのOP曲。この駅だけチャイムがあの曲だ。

 駅前にはガンダムのブロンズ像。そして商店街には「アニメタウン上井草」というノボリ。至る所にガンダム系のポスターや絵が。

 サンライズ本社は駅から歩いて数分という所にあって、「ケロロ軍曹」に登場した「アニメ制作会社サンイラズ」にそっくりだった(苦笑)。

 近くには杉並アニメーションミュージアムというのがあって、商店街ではガンダムスタンプラリーを開催中だったのだけど、ミュージアムは月曜日が休館日。またスタンプラリーも月曜日が休みの店が含まれていた。

 詠二郎「ダメじゃん!」(父の威厳が10さがった!)

 この周辺にはアニメスタジオがたくさんあるらしいが、玄関を見て回ってもしょうがないので、次へ・・・。


【六本木ヒルズ】
 去年奏一郎を連れて行ったんだけど、雨のため屋上「スカイデッキ」には行けなかった六本木ヒルズ。今年は詠二郎を連れて、今度こそ「スカイデッキ」へ。

 去年も迷ったけど、今年もやっぱり迷った。スカイデッキへの行き方が分かりにくい!

 また、スカイデッキへの登り口で「カメラと携帯電話以外はロッカーに預けて下さい」というので、詠二郎はリュックをロッカーに預けた。でも俺のリュックは交換レンズが入っていて、撮影に必要だから預けずにそのままスカイデッキへ。これでいいの? よく分からんけど。

 スカイデッキはさすがに見晴らしが素晴らしい。湾岸方面が眼下に一望できる(下の写真)。ここはお金を払っても来てみる価値があるね。

 お盆明けだからなのかあんまり客はおらず、好きに写真が撮れた。ちなみに、夜8時までやってるそうなので、夜景狙いで来るのもアリだ。(↓は渋谷〜新宿方向の眺め)


【お台場ガンダム】
 午後5時が近づいてきたのでいよいよお台場へ。夕日が沈まない内にガンダムの所に着かねばと、ちょっと焦る。

 現地は、最寄り駅であるゆりかもめ台場駅からしてかなり混雑。これから帰ろうという人たちが乗車券の券売機の前に行列を作っている。

 「む・・・。こりゃ、ちとヤバいかも」

 そして、やっと到着したガンダム前には、数千人はいるんじゃないかという人混み。

 密集して、みんな一様にケータイやコンパクトデジカメで写真を撮っている(左の写真)。ちょっと異様な光景だ(^_^;

 本格的な一眼レフの人は少数派で、ちょっと離れた所で三脚を使って撮ってるみたいだった。
 ガンダムの足下まで行って触ってくる事もできるんだけど、そのための行列がけっこう長い。

 足下まで行くとこんな感じ(左の写真)。

 ここまでだけでもけっこう長いが、実はもっと凄い行列が!

 それは会場限定商品を売っているオフィシャルショップへの行列。ここでは会場限定のガンプラとか売ってるんだけど、何と待ち時間が90分だって!(右の写真)

 限定ガンプラは欲しかったけれど、そんなに待ってられないので断念。

 露店で焼きそばとかケバブとかを売っているので、夕食はそこで食べた。が、座る所が無いのが辛い。ずっと立ちっぱなしなんだよね〜。座って休みたい・・・。

 詠二郎は、「足が棒になるというのはこういう事を言うのか」と思ったという。

 夕日が沈み、徐々に暗くなってきて、ガンダムの電飾やライトアップが映えるようになってきた。結局、かなり暗くなる7時まで写真を撮りまくった。

 あらかじめ「7時になったら帰ろう」と言っていたので、出口から出ようと思ったら、スタッフの人が「7時からライトアップイベントがありま〜す」とか叫んでいたので、よく分からないけど引き返す事に。どうやら定時にイベントをやっているらしい。

 そのイベントというのは、音楽に合わせてガンダムの目とか電飾とかが光ったり、ミストを吹いたり、頭が動いたりするだけなのだが、たったそれだけでも観客にはどよめきが起こり、最後には拍手が。

 ただ立っているだけだけど、それだけ存在感があるって事なんだね〜。これで入場無料ってのは、けっこう太っ腹な企画だと思った。

 では例によって 1440x900 画像シリーズをば。(下の3枚は 1440x900 の画像にリンクしてます)

 まずは夕方。

 日が沈んで・・・。

 そして、夜のライトアップ。


【さあ帰ろう】
 イベントを見終わった人々が一斉に駅に向かって歩き出した。一番近い駅はさっきの台場駅だけど、あの混み具合からすると、今行くと大変な事になりそうな予感。

 ならばここは一駅前の「船の科学館」駅に行った方が良いと判断。ちょっと遠いけど、こっちなら人が少なくてスムーズに乗れるはず。

 ずっと立ちっぱなし歩きっぱなしで疲れていたけど、敢えて「船の科学館」駅へ向かった。

 こちらの駅は予想通りすいていた。ふっ。「急がば回れ」ってヤツだ。

 ゆりかもめは予想通りすいていて、座席に座る事ができた。そして次の「台場」駅では通勤ラッシュ並みの乗客が! やはり一駅前まで戻る作戦は正しかった。

 お台場〜レインボーブリッジの綺麗な夜景を眺めながら新橋へ。海にはたくさんの屋形船が浮かんでいた。世の中不況で厳しいけれど、なんか、ここだけはバブルの頃のような雰囲気だわ〜。

[2009/8/22]


戻る