ハリウッド版ゴジラ

ゴジラとは別の怪獣映画だと思って見ればけっこう面白い


 WOWOWで最初の「ゴジラ」やアメリカ版ゴジラをやっていたので見た。

 初代ゴジラは、子供の頃はただ恐いだけだったけど、今見る深い味わいを感じるなあ。反戦反核の理想が生きているっつーか。製作者が本気で作っているのがヒシヒシと伝わって来るというか。

 一方アメリカ版ゴジラは・・・、う〜ん、ゴジラがニューヨークで暴れ回るシーンは凄い迫力なんだけど、ストーリーの深みという意味では特にこれと言った物が無いなあ。この映画でのゴジラはちょっと異常な巨大生物というだけだもんなあ。ジュラシックパークの恐竜がパワーアップしたという感じの。本家ゴジラのような「特別な存在」という雰囲気が無い。だから名前はゴジラだけど何だか違和感が強いのだな。

 ゴジラのデザインも大幅に違うけど、これはこれで良かったと思う。日本ゴジラのデザインのままでは、あのストーリーやスピード感は出来なかっただろう。真似ではなくて新規な魅力を造る、という姿勢は正解だったと思う。ゴジラじゃない別のモンスター映画だと割り切れば、それなりに楽しめる映画ではあった。(少なくとも、近年のゴジラシリーズなんかよりは千倍面白かった。近年のゴジラシリーズは出来が悪すぎる!)

 ところで、冒頭で日本の漁船がゴジラに襲われるシーンがあるんだけど、日本人の描写にやっぱり違和感があるねえ。船員がTVで相撲中継を見ているのだが、TV画面に草書体っぽい字で大きく「相撲」って出ているのが変だし、遠洋漁船で相撲中継を見ている事自体、何だか違和感があるぞ。一人だけ助かった爺さんが「ごじら・・・ごじら・・・」って言うから怪獣の名前がゴジラに決まった訳だけど、あんな老人が遠洋漁船に乗ってるのも変だと思う。そもそもこの爺さん全然漁師っぽくない。せっかくのゴジラなんだから、日本人のちゃんとした俳優を使ってほしかったなあ。どうしてハリウッド映画では日本人役に普通の日本人俳優を使わないんだろう? 「日本人役には日本人以外の役者を使う事」とか何か取り決めでもあるのか?

 以前、同じ監督(ローランド・エメリッヒ)の「インディペンデンス・デイ」や「スターゲイト」を見たけど、何だか日本のSFアニメみたいな味がしたなあ。インディペンデンス・デイでは戦闘機が体当たり(神風特攻)して突破口を開くのだが、そういう人柱で解決する方法は日本の悪い風習(苦笑)なので、強くてかっこいいアメリカさんとしてはもっとスマートな方法で突破してもらいたかったなあ。突撃前に大統領が演説して、大仰なセリフで感動的な雰囲気を盛り上げるのも日本のアニメみたいだった。もしかして作者が日本の怪獣映画とかアニメを研究した結果なのか? あと、大掛かりでド派手な展開の割に最後は非常にあっけないというのは、この監督の持ち味なのかなあ?


戻る