行け!ゴッドマン

懐かしい事は懐かしいけど・・・、そっとしておいて欲しかった


 スカパーの「ファミリー劇場」を見ていたら「行け!ゴッドマン」をやっていた。
 解説しておくと、1970年代前半、「おはようこどもショー」という子供向けの番組を毎朝やっていて、その中のいちコーナーとしてやっていたのが「行け!ゴッドマン」だ。1回3分程度で、海岸とか荒れ地で怪獣とゴッドマンが延々と戦い続けるという物。ストーリーらしいストーリーは無い。「怪獣が出てればどんな物でも子供が喜ぶと思ってんじゃないの?」といぶかしく思っていた子供もけっこういたのでは? でもあのショーモなさが、変にクセになってついつい見てしまってもいた。今回「ファミリー劇場」で放送しているのは、当時の1週間分(6本?)をベタに連結した物のようだ。ちなみに当時ゴッドマンの前には「レッドマン」という同じような番組だったし、ゴッドマンの後は「グリーンマン」というこれまた似たような番組だった。「怪獣おじさん」という人が前フリしてたっけ。懐かしい。

 あれから約30年。実に久しぶりに見たのだが、なんつーか・・・、凄いよね(^^; 延々と続くどつきあいが。べしっ! どかっ! べしべしっ! どがっ! べしべしっ! がつ! がつがつ!! べしっ! というのが延々と。1回3分程度。ストーリーらしいストーリーも無く、山場らしい山場も無く・・・。

 外見的には「ウルトラファイト」に似ているけど、あっちはベテランアナウンサーによるスポーツ中継風のナレーションがあった。あの独特のナレーションのミスマッチの妙が大きな魅力だった。しかしゴッドマンはナレーションもセリフも何も無い。極まれに生身の人間の演技が一瞬だけ入る事もあるが、ほとんどは単調などつきあいだけ。これは見ている方が辛い(^^; 等身大だったら単なる喧嘩だ。(等身大で戦う回もあって、それはまさにチンピラ同士の喧嘩の様相)

 あ、いきなり終わって次のオープニングが始まった。何の引きも無くブッツリ切れて次回に繋がる。垂れ流しっつーか、流しっぱなしっつーか、何だか凄い続き方だなあ。どう続くのかなあ・・・。あ、単にそのまま続いてるだけだ。あ、ゴッドマンが武器を出した。中世ヨーロッパ風のトゲ付き鉄球(いわゆる「モーニングスター」ってヤツだ)。超人なのに現実的な武器だな。あれ?殴るのかと思ったら鎖で首を絞めてるだけだ。殴ると(ウレタン製?の)鉄球が跳ね返ってきて危ないからなのか? それはともかくこの攻撃、怪獣に効いてるふうではないなあ。あ、ゴッドマン、武器での攻撃をあきらめた。

 あ、また「つづく」だ。続きが始まった。同じ展開か・・・。いつまで続くのかなあ。まさかこのまま30分間やるんじゃないだろうな? あ、ゴッドマンが必殺技を出した。やっと怪獣をやっつけた。ほっ。・・・と思ったらすぐに別の怪獣が登場。何だかテキトーっぽい顔の怪獣が荒れ地に出現だ。ゴッドマン、休む間もなくまたどつきあいを開始。再び延々と続くどつきあい。

 あ、「つづく」だ。また相も変わらぬどつきあい。3分間ってこんなに長かったんだなあ・・・。もうチャンネル変えようかなあ・・・。どうしようかなあ・・・。でもどういう風に終わるのかだけでも見てみるか。だんだん書く事が無くなってきたなあ・・・。ふう・・・(ため息)。

 あ、また「つづく」だ。まだ同じ状況だ。いつまで続くのかなあ・・・。あ、怪獣がジャンプでどこかに飛んだ。仮面ライダーの怪人みたいだな。怪獣がジャンプして河岸を変えるのはこの番組くらいだろうなあ・・・。ゴッドマンもそれを追ってジャンプで飛んだ。そして何の状況も変わらず再開されるどつきあい・・・。そろそろ怪獣をやっつけてもいいタイミングだと思うけど、倒した途端にまた別の怪獣が現れるのかなあ? もしそうだったらどうしよう・・・。もし永遠に終わらなかったら・・・(怖い考えになりそうになる)・・・それとも今回も「つづく」になるのかなあ・・・。あ、唐突にゴッドマンが必殺技だ。怪獣が倒れた。やった。やっと終わった。ふう・・・。何だかドッと疲れたなあ・・・。

[2002/02/16]


戻る