小松左京のSF映画
3連発

今観てもけっこう面白かったよ


 小松左京のSF小説って、基本的に「とてつもない異常な状況が発生した時の人間の生き様」をテーマにした物が多いよね。「日本沈没」とか「首都消失」とか「復活の日」とか。


「日本沈没」(1973年、東宝)
 「さよならジュピター」「ガンヘッド」に続き、「日本沈没」もコクーンが録ったので、これまた久しぶりに観た。この「日本沈没」は当時非常に話題になった小説で、映画も大ヒット。テレビやラジオでもドラマ化された。この映画、今見ると非常にシンプルな内容で、最近のSF映画みたいな展開を期待していると肩透かしを食らう。

 「日本海溝に異変が」→「日本が沈没するかもしれない」→「日本脱出計画発動」→「本当に沈んでしまう」→「日本民族散り散りバラバラ」。言ってしまえばただそれだけの話。変なヒネリは無い。

 が、それだけに「今までは日本という島国に籠もっていればそれで良かった日本人だが、これからは否が応でも世界に出て行かなきゃならんのだ」「とは言うものの、何もしないで日本と一緒に沈んでしまうのが一番日本的なのかも知れないなぁ・・・」という、作者が言いたい事がちゃんと伝わって来る。

 で、「さよならジュピター」もこのくらいシンプルに作れば良かったのに・・・と思った。

 列島沈没の前触れになる東京大地震のシーンは今見ても怖い。というか、現実に阪神大震災の惨状を知っているだけに以前観た時よりも怖さがリアルに感じられる気がする。子供の頃にこの小説や映画で衝撃を受け、地震災害等を防ごうという動機で本当に地震の研究者になった人もいたという。

 ニョーボは「何か原因で日本が沈むの? 乱開発とか公害とか核実験とかそういう理由じゃないの?」などと言っていたが、「理由は無い。巨大な自然災害だ」という俺の説明に納得いかなかったみたいだった。

 でももしあれにそういう人為的な理由を付けてしまうとテーマがズレちゃう。「人間にはどうしようもない自然災害」という事でなければならないのだ。この点は後に作られた「首都消失」でも同じだ。なお、「続・日本沈没」という映画企画があって、映画館にはポスターも貼られていたけど、結局実現しなかったね。


「首都消失」(1987年、東宝)
 小松左京の昔の中編「物体O(オー)」や「アメリカの壁」を長編として再構築した物。つまり小松左京としては自作の二番煎じ。ある日突然首都圏が巨大な障壁に囲まれて、内部との連絡が全て遮断されてしまう。空も海中も、そして地中ですら謎の障壁で囲まれしまうのだ。

 何が何だかわからない異常な状況。中に閉じこめられた首都圏2千万人はどうなったのか? 障壁の正体は? そしてそれを突破する事は可能なのか? 大地震とか火山の噴火と同じで、人間の力ではどうする事もできない巨大な壁に対して、それでも立ち向かわなきゃならんという人間の戦い。

 謎の障壁を調査する米軍機が、落雷のため4つあるエンジンのうち3つまでが止まってしまい、機長も死亡。残った1機のエンジンだけでかろうじて飛び続けるシーン(もし高度が落ちたら障壁にぶつかって全員死亡)や、大滝秀治演ずる所の先生が「おじさんがまだ若い頃ね、日本は戦争に負けて潰れかけた事があった。いや、本当に一時潰れておったかも知れん。それを何とかして潰さんように、戦争前よりもっと良い日本を作ろうと頑張った人達がおった! 今度はパパやおじさんたちが頑張るから」と言うシーンが好き。

 ただ最後、何がどうして壁が消えたのかいまいちよく判らないまま終わるのが残念。特に山下真司が「やけくそ突入」する場面がちょっとアレなんだよねぇ。でも全体としてはけっこう良い出来だと思う。モーリス・ジャールによるテーマ音楽も印象深い。

 映画では、最後の「やけくそ突入」が功を奏したのか、あるいは無駄に終わったのか解らないまま終わってしまうが、俺の解釈では、あの最後の「やけくそ突入」は結局無駄で、壁を消したのは台風による大量の雷撃のおかげだったと解釈した。そしてそれがもうちょっと明確に解るように描くべきだったと思う。つまり、結局人間にはほとんど何もできなかった。人間の力なんてそんな程度の物でしかないんだ。でも。それでも、無駄かも知れないと知りつつ、最善を尽くそうと努力をする人間は素晴らしいんだと、そういうテーマがもっと明確に判るような展開で作るべきだったと、俺は思った。あの「やけくそ突入」の展開だと、結局神風的特攻で解決したのか? と誤解する人が出そう。


「復活の日」(1980年、角川)
 某国の研究所から持ち出された細菌兵器が事故のために外部に放出されてしまい、結局その細菌によって人類のほとんどが死滅してしまうという話。

 この映画は、アメリカの有名俳優を起用したり、実際に軍から潜水艦を借りて南極でロケをしたりと、スケールのデカさが話題になった。これは角川映画全盛期だからこそ出来た超大作と言えるだろう。日本の超大作映画と言うとハズレが多いが、この映画は意外にも(失礼!)今観ても面白い。日本人俳優が白人俳優の中に入ると演技に違和感が出る事が多いが、この映画の主役の草刈正雄は負けていない。しっかり存在感を出している。

 ストーリーについては、これもやっぱり「日本沈没」などと同じで、極限状態に置かれた人間の生き様を描く点に力が入れられている。結局人間は数十人程度しか生き残れず、人類が”復活”する日は遙かに遠い・・・という悲しい余韻で終わる。

 小松左京のSFってこういう、ある意味「身も蓋もない」ような、突き放した終わり方の話が多いような気がするなあ・・・。

[2005/03/12]


戻る