ローレライ

い、いつの間にこんな映画が・・・。


 観てきた。

 結論: 面白かった。最後まで飽きる事無く観れた。樋口監督、初監督らしからぬ完成度にビックリ。アメリカで興業しても受けそうだ。

 ナチスドイツが開発した秘密兵器「ローレライ」を装備した潜水艦「イ−507」。米海軍から”魔女”と恐れられたローレライとは如何なる兵器か?

 ローレライとは、超感覚を持つ人間(若い女性)の力を利用したソナー。その探査能力は従来のソナーを遙かに超える。まさに敵の動きが手に取るように”見える”、恐るべき性能なのだった。これさえあれば敵の攻撃からの回避はもちろん、狙いすましたピンポイント攻撃も可能。ただし繊細な精神感応を利用しているため、敵兵が死ぬ痛みまでも感じ取ってしまい、多数の死者が出ると超感覚者が苦しみ気絶してしまうという弱点もあるのだった。

 広島、長崎と原爆が投下される状況下で、イ−507に課せられた「特命」とは何か? ローレライがあるとはいえ、米海軍の大艦隊相手に何の援護も無い只の1艦で勝機はあるのか? そして東京を標的にしたという第3の原爆を乗せた爆撃機が今まさに飛び立とうとしている! 緊迫する展開で手に汗握る。

 絵的には、どこまでが模型で、どこからがCGなのかほとんど分からないレベル。と言うか、人間以外は全部CGなんじゃないのか?と思ってしまうほど、(海のしぶき以外は)CGと模型の間の違和感が無い仕上がり。

 違和感と言う意味では、これは非常に良くできたCGなんだけど、それでもやっぱり「これはCGだな」って判ってしまうっつーか、本物の実写とは違うという事は歴然としてあるというのが違和感と言えば違和感。(実写では撮影不可能なスペクタクル場面は、すなわちCGだという事が頭の中で判ってしまうという意味。これは画の撮り方の問題なので、どんなにリアルなCGを用意しても解決できないのかも知れない)

 ドラマのシチュエーション的には、昔の戦争映画「潜水艦イ−57降伏せず」に似ているが、テーマ的には全く異なる内容だ。

 「潜水艦イ−57降伏せず」では、戦争の非情さと悲しさ、やりきれない思いを描いているが、「ローレライ」では、「ダメかもしれない日本だけど、俺はまだ希望を捨てない!!」という前向きの姿勢が強く出ている。

 ここら辺は、実際に太平洋戦争を体験した人達が作った映画と、戦争を知らない世代が作った映画の違いなのだと思う。(どっちが良い悪いという事では無く)


【潜水艦イ−57降伏せず】
 「世界大戦争」や「連合艦隊」など、戦争の悲劇を描いた事で知られる松林宗恵監督の作品「潜水艦イ−57降伏せず」。

 太平洋戦争末期、日本海軍で唯一残った潜水艦「イ−57」。冒頭からいきなり人間魚雷「回天」の発射シーン。これから死ぬ仲間を送り出す兵士たちの心情が見ていて辛い。そして潜水艦内部の日常や、やりとりがリアルだ。実際に潜水艦乗りだった人が作ったんじゃないか?と思うほどのリアリティを感じた。

 と、そこに突然の特務指令。和平工作のために某国の要人(とその娘)を極秘裏に送り届けろというのだ。この要人による和平工作で、少しでも有利な条件で戦争を終結させようという訳だ。

 本土決戦・徹底抗戦を主張する艦長(池部良)はこの特務指令に反対するが、結局は「上官命令」という事で受ける事に。(上官はもう日本の敗戦は必至と考え、なんとか講和しようとしているのに、最前線の士官は最後の一兵が死ぬまで戦うつもりでいるというのが、何ともやるせない)

 が、目的地到着前にポツダム宣言が発表されてしまったため、要人を送り届ける意味が無くなってしまった。そのうえ敵艦に包囲され、絶体絶命の窮地に追い込まれるイ−57。

 自分たちが戦って死ぬのは良いが、要人を死なせる訳にはいかないという事で、浮上し白旗を掲げる。そして要人を敵艦に送り届けた後、艦長の下した決断は・・・。

 乗組員に正装させ「総員、死に方用意!」。

 それまで幾人も人間魚雷で部下を死なせてきた艦長だ。日本の勝利を信じて死んでいった部下たちのためにも、今さら降伏などできないのだ。敵の集中砲火の中、浮上したまま敵艦に特攻するシーンは壮絶。死ぬまで突撃をやめない池部良の演技が涙を誘う。日本の戦争映画の中でも屈指の傑作ではないだろうか?

[2005/03/30]


戻る