ピープロ代表作が遂に

「宇宙猿人ゴリ」。ホント、久しぶりに観たわ〜。


【マイナー物はスカパーに限る】
 スカパーで「宇宙猿人ゴリ〜スペクトルマン」と「怪傑ライオン丸」が放送された。

 今の若い人には信じられないかも知れないけど、「宇宙猿人ゴリ」が放送されてた当時は、これ、けっこう人気があったんですよ。少なくともウチの近所では、ライバル番組である「仮面ライダー」が1年遅れで放送されたせいもあって、「ゴリ」人気が高かった。

 しかしその後、ウルトラマン系や仮面ライダー系がシリーズとして不動の人気を確立した事もあって、今では「知る人ぞ知る」作品になってしまった。

 「宇宙猿人ゴリ」で第2次特撮ブームの草分け的存在で、それまでの円谷系とは違う独特の作風が魅力だった。

 少なくとも、「ゴリの方が仮面ライダーや帰マンよりも先だった」という事実は子供心に深く刻み込まれた。(急いで撮ったためだと思うが、最初の数話は出来がかなりアレだ・・・)


 「宇宙猿人ゴリ」の魅力を具体的に挙げると・・・

 ・ 当時大ヒットしていたSF映画「猿の惑星」の猿のイメージを生かした、っつーかそのまんま流用したゴリのキャラクターが、何とも言えない(ちょっとチープな)味を醸し出している。また、セリフを言う時に、必ず独特の手振りをしながらしゃべるのが、マスク演技に説得力を与えていた。

 ・ ゴリは天才という設定になっている。確かに、数々の怪獣を作り出した科学力には恐るべき物があるが、具体的な侵略作戦は割と普通・・・、というか「さすが天才だ!」と思わせてくれた事はあんまり無かった。

 ・ 「自分は選ばれた天才であり、自分こそがこの美しい地球を支配すべき存在なのだ!」と高慢に独り語るゴリだが、気位の高さを感じさせる割には、スペクトルマンの事を「あのサイボーグ野郎!」などと下品な言葉で表現。ゴリ様の気持ちが今ひとつつかめません。

 ・ しかも部下が、頭の悪いラー1人だけ・・・。でも最終回でラーが死んでしまうと、ゴリは悲しみ絶望し、自殺してしまう。あんなラーでもゴリにとっては大切な部下だったんだなぁ〜と、不思議な余韻を残して終わった。

 ・ 名前が「ゴリ」と「ラー」。ゴリ、ラー・・・ゴリ、ラー・・・ゴリラー・・・ゴリラ! そのまんまやんけーーっ!! って、実は、私は兄にそう指摘されるまで気付きませんでした(涙)。

 ・ いちおうゴリが主役という事になっている(んだよね?)が、実際には誰がどう見てもスペクトルマン(蒲生譲二)が主人公だ。

 ・ シリーズ途中で番組のタイトルが「宇宙猿人ゴリ」→「宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン」→「スペクトルマン」と変わっていったのは有名。というか、そもそも最初に「宇宙猿人ゴリ」というタイトルにする必要がどの程度あったのかが問題だったり・・・。

 ・ 当時大きな社会問題になっていた公害(大気汚染、ヘドロ、ゴミ)や、人間自身による社会問題(交通事故問題、大地震に対する備えの無さ等)が人間に襲いかかるというのが初期のコンセプト。

 ・ 怪獣専門の防衛組織のようなものは登場せず、予算不足に悩む公害Gメンが、成り行き上(無理矢理?)関わるという展開。たとえ相手が怪獣でも、「国民が迷惑しているならそれは公害」みたいな論理で介入。

 ・ スペクトルマンは意外に弱くて、怪獣を倒した直後は疲れ果てて倒れてしまう姿が印象に残る。これは、基本的に2話で完結するストーリー構成だったので、「スペクトルマン危うし!」→「次週に続く!」という場面が多かったためのようだ。

 ・ スペクトルマンは変身する際、その都度本部(ネビュラ71)の許可を受けないと変身できない。しかもネビュラ71が直接見えないとダメらしく、空が曇っているだけでもう変身できない! これは焦る!

 ・ しかもそのネビュラ71がかなり冷徹っぽい。「スペクトルマンの正体を地球人に見られたら、君を”ハカイ”する」とか、人間が怪獣にされてしまう話では、「彼はもはや怪獣なのだから、”コロセ!”」とか命令してくる。

 ・ そして本部の冷徹な命令と、何とか命を救いたいスペクトルマンの意見が衝突。変身させてもらえなかったり、ネピュラ71に召還されそうになったり、とにかく本部との意見の食い違いに悩む姿が印象的。ここまで自分に制限があるヒーローってのも珍しい。

 ・ 公害Gメンは途中から「怪獣Gメン」に改名されるが、人員や装備の貧弱さはどうしようもない。というか、そのチープさがまた魅力だったり(苦笑)。


 ところで、この「宇宙猿人ゴリ」の放送だが、うちのコクーンちゃん、途中から自動録画しなくなっていた。

 あれ? 続きが録画されないなぁ〜・・・と思って調べてみたら、番組名が「スペクトルマン」に変わっちゃってるのね! 最初の十数話は「宇宙猿人ゴリ(スペクトルマン)」というタイトルだったのに・・・。途中から勝手に変えるなよ〜(-_-; 途中からタイトルが変わるからこそカッコ付きで「スペクトルマン」としていたんじゃないのか? これじゃあ意味無いじゃん! おかげで、昔から見たかったクルマニクラスとかの回が見れず仕舞い。ムネン・・・。

 それと、今となっては手遅れだけど、一度に4話ずつ毎日放送するというこの放送形態は問題あり。他にも見なきゃならない番組がいっぱいあるんだから、そんないっぺんに放送されても見れないよ〜。

[2007/09/23]


戻る