GODZILA ゴジラ

いいヤツをやられてしまったぜ。


【アメリカ版ゴジラ】
 「GODZIRA ゴジラ」(2014年)をWOWOWでやったので見た。

 1998年のエメリッヒ監督のとは全然違っていて、いわゆるハリウッド系の大破壊スペクタクル映画じゃあない、不思議な内容だったので、驚いた。

 米軍がゴジラとガンガン戦うのだろうと思ってたんだけど、むしろ敵はムートーという別の怪獣。日本だったらタイトルが「ムートー対ゴジラ」になってそう。

 あと、ストーリーの流れ的にも、「ゴジラの脅威!」という感じではなくて、他の怪獣映画とは根本的に違う感じ。ゴジラは文字通り「怪獣の王!」という感じで、その前では人間は無力に等しいという描き方。

 近年のこの手の映画では、CG合成を駆使した、より迫力のある、よりド派手な破壊シーンを売りにする傾向が強いが、この映画では破壊シーンはあまり強調せず、むしろ破壊後の様子を見せる方向。爆発とかも遠くで「ボン」とか、静かな描写。

 そして最後にゴジラが去って行く所の余韻が何だか日本映画的。これはかなり日本の怪獣映画を研究してるんじゃないの?

 ゴジラみたいな、内容が最初からある程度決まってる映画において、こういう斬新な事をするのは、相当デキる人じゃないと無理だと思う。正直、上手いと思ってしまったわ。

 平成ガメラシリーズの金子監督は「これ、俺のガメラを見てやったろ!」と思ったそうだが、確かにそんな感じはする。

 それはそれとして、原爆の爆発を止めるために特殊部隊が行くシーンのBGMが「2001年」の木星モノリスのBGMと同じだったようなんだが、あれは良いのだろうか?(^_^;

 あと本家の日本でも、またゴジラ映画を撮ろうとしていて、総監督・脚本は庵野秀明。監督・特撮監督は樋口真嗣という、ゴールデンコンビがやるとの事。やるからには、今回のアメリカ版を越えるような内容にしないと、本家日本としては辛い所だ。

 しかしこんな映画を先に作られてしまっては、相当に苦しいだろうなあ〜。粗筋だけ考えてみても、なかなか「こうすればいい!」というのが思いつかない。どういうのがいいのかなあ・・・。ゴジラの存在をどういう立場にするのか?という根本的なところから悩んじゃうよね〜。

[2015/12/19]


戻る